2016/02/13

スコーンを焼いた話






お菓子作りはあまり得意ではないのでしないのですが、スコーンは簡単ですぐできるので時々作ります。先日はカボチャとホワイトチョコレートのスコーンを焼きました。


この組み合わせ、カボチャの優しい甘さとホワイトチョコレートのミルキー感がなかなか相性良いのでは、と感じたので気になる方はぜひお試しあれ。



おそらく検索すればクックパッド先生とかがプレーンのスコーンのレシピを教えてくれると思うので、それに刻んだカボチャとホワイトチョコレートを混ぜればOK。(私は薄力粉だけのスコーンより強力粉と両方使ったスコーンのレシピのほうが好みですー。)


カボチャは小さく、ホワイトチョコレートはわりと大き目にするのがお勧めです。


組み合わせは思いつき次第で色々できるので「パルメザンチーズとほうれん草」とか「ダイスチーズとベーコン」とか「クルミと好きなスパイス」とか「ニンジンとパセリ」とかそういう甘くない組み合わせも美味しい。



なによりスコーンを焼いておけば朝ごはんとか昼ごはんを数日それで済ませられるので楽です(笑)あぁ、でもケークサレだったらもっといろんな具を詰め込めるからご飯にするならそっちのほうがお勧めかなあ。ケークサレだったら断然ゴボウを入れるのが好きです。「ミニトマトとチーズとゴボウとアスパラとベーコン」が月玉子の一番よく作る組み合わせ。とりあえず冷蔵庫の残り野菜はケークサレにしてしまえ~~~という感じです。ちちんぷいぷい。






















そういえば、最近ベランダにムスカリが咲きました。ムスカリは子供のころ家の庭に咲いていて好きだった花。これは何年か昔、私が元気のなかった頃に道端の草の中で見つけて引っこ抜いてきて植えなおした子たち。きっとどこかの家の花から種が飛んで、道端に落ちたのだと思います。そうして出会ったこの花はいつも私を励ましてくれる花です。


はやく春になるなれ~