2018/02/20

月玉子、お母さんになる。③

それまで通っていた西洋医学の大学病院に加えて東洋医学の漢方にも頼りながら嚢胞の治療と不妊の検査・治療を進めていくことに決め、体質を改善して自然妊娠することを目指し始めました。


しかし、ついに西洋医学の医師から「おそらく自然妊娠は無理」「次の段階(人工授精)に踏み切るべき」と宣言されてしまい、淡々と「次の段階」についての説明を受け、どうしますか?と問われました。


丁度読んでいた聖書の言葉から確信を得て、更に「自然妊娠は出来る」という漢方医の言葉に力づけられて進み始めた矢先だったので突然のもう無理宣言に多少動揺しつつも、医師から無理と言われたからといって自分で「無理」と決めるのはまだ早い、と思いましたが、実はその「次の段階」には私にとって魅力的に感じる面もありました。それは多胎妊娠(双子や三つ子など)の可能性がかなり上がることです。

もともと双子ちゃんに憧れがあったし、嚢胞は取ってもほぼ確で再発する事が分かっていたので「子供に兄弟がいるのが理想だけど、もし、一度で二人同時に産まれてくれればその後に嚢腫を取るタイミングなど悩まずに済んで合理的なのでは…?!」と考えて、双子が欲しいなと思っていたからです。笑

なので正直すこし気持ちは揺らぎそうになりましたが、時間がかかっても根本から体質を改善する方が自分の身体にとって必要な事だと思えたし希望を感じていたので、その場で「時間をおいてもう少し考えたい」と伝えました。まだ高齢では無いとはいえなるべく早いに越したことはないとのことで、早く次の段階に進んだ方がいいと思う旨は念を押されましたが、嚢胞の状態をチェックしつつ、漢方薬と食事制限などしながら祈りにこたえられるときを待つ時間を持つことに決めました。


つづく